NHK福岡放送局は27日、受信料関係の事務に携わる同局の20代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。帰省先の東京都内で発熱し、都内の実家で療養中だという。
 同放送局によると、男性職員は23日、福岡市から飛行機で都内の実家に帰省。24日に発熱し、PCR検査で26日に感染が確認された。内勤のため視聴者との接触はなかったという。発症前に接触があった職員ら11人が自宅待機となった。
 同放送局は「保健所と連絡を取りながら、感染拡大防止に努める」とコメントした。 (C)時事通信社