【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日の記者会見で、日本で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向となっていることについて、死者数は低水準に抑えられており、「依然として(抑え込みに)成功している」と評価した。
 テドロス氏は、7月に感染者数は増加したが、「死者数は最低限に抑えられている」と指摘。「最終的に重要なのは感染者の数でなく、命を救うことだ」と強調した。 (C)時事通信社