公明党の山口那津男代表は28日の記者会見で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の嘱託殺人事件に関し、「事件の経過を度外視して一般的な安楽死の議論をするのは少し時期尚早だ」と述べ、慎重な対応を呼び掛けた。山口氏は安楽死について「極めて厳格な要件の下で慎重に検討されるべきものだ」と指摘。「今回の事件は、厳格な要件の下で安楽死を議論するような事実関係とはかなり開きがある」との見方を示した。 (C)時事通信社