共産党の志位和夫委員長は28日、西村康稔経済再生担当相と内閣府で会談し、新型コロナウイルス感染者が急増している地域を「感染震源地」と位置付け、住民や事業者を網羅したPCR検査を実施するよう申し入れた。西村氏は「リスクの高いところを戦略的に拡充したい」と応じた。 (C)時事通信社