西村康稔経済再生担当相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、飲食店での総合的なクラスター(感染者集団)対策を発表した。自治体が建築物衛生法に基づく立ち入り検査を行う場合、店側に換気の徹底や感染防止ガイドラインの実施を促すよう求めた。
 飲食店の予約サイトと連携し、感染防止の取り組み状況を店舗情報に記載することなどを検討。業界団体に対しては、各飲食店がガイドラインを順守しているか、早急に調査するよう要請する。 (C)時事通信社