【ビジネスワイヤ】米中のバイオ医薬品企業Terns・Pharmaceuticalsは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療薬候補「TERN-101」の第2a相臨床試験「LIFT」で患者への投与を開始したと発表した。TERN-101は肝臓選択的非胆汁酸FXR(ファルネソイドX受容体)作動薬。肝臓のFXR活性化のバイオマーカーである7α(7アルファ)-C4を顕著に抑制する効果と良好な安全性が既に確認されている。今後、TERN-101と同社のTHR-β(ベータ)作動薬「TERN-501」との併用療法も予定している。(C)時事通信社