筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者が死亡した嘱託殺人事件をめぐっては、安楽死や尊厳死の議論を求める意見も出ているが、臨床倫理や死生学が専門の清水哲郎岩手保健医療大学長は「今回のケースは安楽死とは言えず、それを基に早急な議論をすることは危険だ」と警鐘を鳴らす。
 患者の耐え難い肉体的苦痛や死期の切迫、明確な意思表示などが「安楽死」の要件とされるが、清水氏は「女性は死を望んでいたかもしれないが、他の要件は該当しない。手を尽くせば生きる意欲を取り戻したかもしれない」と指摘。「『つらいなら楽に』と安易に死を勧め、患者を助けたと思っているなら大間違いだ」と逮捕された医師らを批判する。
 その上で、「こういう状態になれば認められる」という安楽死の条件を定めると、それでも生きようとする人には「そろそろ死ぬべきではないか」という社会的圧力になるとし、より慎重な議論を要望。「肉体的苦痛を緩和する医療や、意思疎通を助ける技術は相当進歩しており、精神的な絶望のケアがより課題になる。患者の心情や価値観をどうくみ取るかが重要では」と訴えた。 (C)時事通信社