塩野義製薬が新型コロナウイルスの新たな迅速診断法について、8月にも厚生労働省に製造販売承認を申請することが31日、分かった。唾液を採取して加熱後25分程度で陽性かどうかを目視で判定できるのが特長。
 来年前半の発売を目指し、この革新的核酸増幅法(SATIC法)を活用した簡便な検査キットの開発を進めている。空港の検疫などを想定し、一度に大量の検査を行える機器の開発も検討しているという。 (C)時事通信社