沖縄県の玉城デニー知事は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、8月1~15日の間、県独自の緊急事態宣言を出すと発表した。那覇市内の飲食店に休業や営業時間の短縮を求めたほか、県民に対し不要不急の外出や渡航の自粛を要請。県外からの渡航も「慎重な判断」を求めた。
 宣言期間中は、繁華街のある同市内の松山地域について、キャバレーやナイトクラブなどへ休業を要請。市内全域の飲食店は営業時間を午後10時までとする。また、離島の医療体制は脆弱(ぜいじゃく)として、本島と離島間、離島間の移動は必要最小限とすることも求めた。
 玉城氏は「感染拡大のスピードは想定を上回っている。島しょ県であり、何としても医療崩壊を食い止めなければならない」と強調。県外の人には「旅行が楽しめる機会に再検討してもらえるならお願いしたい。来られるなら慎重な行動を」と呼びかけた。
 県内では、31日も71人の新規患者を確認し、5日連続で過去最高を更新。病床利用率は100%を超え、入院できず待機中の患者も出ている。 (C)時事通信社