米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の日本時間3日の集計で、新型コロナウイルスの世界の感染者が1800万人を超えた。1700万人に達した7月30日からわずか4日で100万人増加した。南部や西部で感染者が急増し、7月末に死者が15万人を超えた米国を筆頭に、各地で感染拡大が続いている。
 国別の感染者数は米国約466万人、ブラジル約273万人、インド約180万人などとなっており、この3カ国で全体のほぼ半数を占める。世界の死者数は約69万人で、米国(約15万4000人)、ブラジル(約9万4000人)、メキシコ(約4万7000人)、英国(約4万6000人)の順に多い。 (C)時事通信社