【ビジネスワイヤ】香港の投資会社リム・アドバイザーズは、同社が助言・管理する投資ファンドを代理してニチイ学館の経営陣による自社買収(MBO)価格の引き上げに関する声明を発表した。ニチイ学館株式のMBOでの公開買い付け価格は7月31日に1株当たり1670円に引き上げられたが、同社が考える公正価値である約2400円を大幅に下回っており、同社はこの買い付けに応じない。また、エフィッシモ・キャピタル・マネジメントが公開買い付けに応じる見返りに特別な取引条件を与えられたことに、同社は驚きを表明し、少数株主間で扱いの不平等が生じていることに懸念を示した。(C)時事通信社