東京都江戸川区は4日、食品衛生法に基づき、保健所職員が飲食店などへの立ち入り調査をした。食中毒防止に向けた監視が目的だが、今回は新型コロナウイルスの感染防止対策の徹底も要請。区は8月中に、接待を伴う飲食店やカラオケ店、ライブハウスなど約750店を対象に行う方針だ。
 この日は区保健所の食品衛生監視員がJR小岩駅近くのライブハウスを訪問。保健所が作ったコロナ対策のチェックシートに基づき、マスクの着用や消毒液の設置、換気などを行っているかを確認した。 (C)時事通信社