経済産業省は4日、東京都千代田区の本省に勤める20代男性職員がPCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと発表した。本省の同僚ら11人が濃厚接触者とされ、全員が同日から自宅待機しているが、症状のある人はいない。
 男性職員は2日から味覚異常を訴え、3日に検査を受けた。入院はしておらず、自宅待機している。本省に勤める職員で感染が判明したのは4人目。 (C)時事通信社