大阪府の吉村洋文知事と松井一郎大阪市長は4日の記者会見で、「ポビドンヨード」成分を含むうがい薬を使ったうがいが、新型コロナウイルスに効果があるとする研究成果を紹介し、うがい薬の使用を呼び掛けた。
 大阪はびきの医療センターによると、新型コロナの軽症者41人を対象とした実験で、うがい薬を使用した患者では唾液からウイルスの陽性反応が出る頻度が低下したという。
 吉村氏は「ポビドンヨードによるうがい薬でコロナに打ち勝てるのではないか。ぜひうがいを励行してもらいたい」と話した。 (C)時事通信社