大阪府の吉村洋文知事は5日の記者会見で、新型コロナウイルス対策で「ポビドンヨード」成分を含むうがい薬の使用を呼び掛けた結果、全国で品切れが相次いだことについて「予防効果があるということは一切ないし、そういうことも言ってない」と釈明した。
 吉村氏は4日、同成分の入ったうがい薬を使うことにより、感染者の唾液からウイルスの陽性反応が出る頻度が低下したとする研究成果を紹介。府民にうがい薬の使用も呼び掛けた。
 専門家からは効果に対して疑問の声も上がっているが、吉村氏は「感染拡大防止にはかなり寄与する可能性がある。うつすリスクが高い人はぜひ参考にしてほしい」と使用の呼び掛けは撤回しなかった。 (C)時事通信社