日本医師会は5日、新型コロナウイルスの感染者数が急増していることを受け、PCR検査や抗原検査の実施促進を求める緊急提言を発表した。公的医療保険が適用される検査に関し、医療機関と自治体の間で委託契約がなくても、医師が必要と判断すれば行えるよう明確化することを盛り込んだ。近く政府に要望する。
 感染症法に基づく新型コロナの行政検査では、検査する医療機関と自治体の間で委託契約を結んだ上で、患者の自己負担分を全額公費で支援している。ただ日医の中川俊男会長は同日の記者会見で、契約に時間がかかり「検査が進んでいない」と指摘。委託契約がなくても、自己負担分を公費で措置するよう求めた。 (C)時事通信社