有識者でつくる政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)は6日、感染状況を判断する指標として、重症者向け病床の逼迫(ひっぱく)状況とPCR検査の陽性率など6項目を設定する方向で最終調整に入った。7日の会合で議論し、各項目ごとに具体的な数値も示す考えだ。複数の関係者が明らかにした。 (C)時事通信社