政府は7日の閣議で、新型コロナウイルス対策として確保した予備費から1兆1257億円を支出すると決定した。業績が悪化した中小企業などを救済する持続化給付金について、申請件数の急増に伴い財源不足に陥る懸念が出ており、9150億円の経費を追加で計上する。
 休業や失業で生活に困窮する人に対し無利子で最大20万円を貸し付ける緊急小口資金などには1777億円を支出。入国者の検疫体制強化にも330億円を充てる。 (C)時事通信社