政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)は7日、東京都内で会合を開いた。感染拡大の進行状況を四つのステージに分類する考え方をめぐり議論。緊急事態宣言発令の対象となる「ステージ4」かどうかを政府が判断する目安として、最大限確保できる病床の半数以上が利用されている場合などの指標を示した。
 分科会は、「ステージ3」以上に当たるかを国や都道府県知事が判断する際の指標として、(1)病床の逼迫(ひっぱく)具合(2)ホテルや自宅にいる人を含めた療養者数(3)PCR検査の陽性率(4)新規感染者の報告数(5)直近1週間とその前の1週間の比較(6)感染経路不明割合―の6項目を提示した。
 感染が最も進行する「ステージ4」は、爆発的な感染拡大によって医療崩壊が懸念される事態を想定。病床の利用状況のほか、在宅・宿泊を含む療養者数が人口10万人当たり25人以上、陽性率10%、1週間の新規報告数が人口10万人当たり25人以上など、各指標に応じた基準値を示した。 (C)時事通信社