NHKは8日、情報番組「あさイチ」(月~金曜、午前8時15分)を担当している制作局の40代の男性職員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。この職員を含め、5日間で同番組担当の男性職員3人の感染が判明した。司会の博多華丸・大吉さんと近江友里恵アナウンサーは濃厚接触者には当たらないという。
 広報部によると、4日に30代職員の感染が確認され、その濃厚接触者だった20代職員の感染が7日に判明。2人の濃厚接触者ではなかったが、発熱のあった40代職員も感染していることが8日に分かった。3人との濃厚接触が疑われる計13人の職員・スタッフらは自宅待機させている。
 今後の「あさイチ」の放送は、来週は当初から予定されていた夏の特別編成のため休止となるが、17日から再開される。 (C)時事通信社