松江市は10日、新型コロナウイルスの集団感染が起きた立正大淞南高校で、新たにサッカー部の男子生徒1人と野球部の男子生徒1人、生徒の同居人1人の感染を確認したと発表した。これで島根県の累計感染者数は126人となった。
 北村直樹校長は同日夜、市役所で記者会見し、「生徒や保護者、地域の皆さまに多大なるご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわびします」と謝罪した。
 同校では8~9日、寮生のサッカー部員81人を含む生徒87人と教員2人の感染が確認された。市は全校生徒を対象にPCR検査を実施。10日までに生徒196人、教職員38人の結果が判明し、残る生徒96人の結果は11日以降に分かるという。
 市は10日、厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請した。 (C)時事通信社