【ビジネスワイヤ】製薬業界向け情報分析サービスの英エバリュエートは、バイオ医薬品市場の最新動向についての報告書「EvaluatePharmaワールド・プレビュー、2026年への展望」を発表した。報告書によれば、20年のバイオ医薬品の予想売上高は新型コロナウイルス問題の影響で78億5000万ドル減少しており、この減少分の60%を上位15社が占める。しかし、業界全体の動向は堅調で、処方箋薬売上高は20年に3.7%増加して9040億ドルとなり、26年には1兆4000億ドル近くに達すると予想されている。(C)時事通信社