【台北時事】台湾を訪問中のアザー米厚生長官は11日、台北市内で講演し、新型コロナウイルスの発生源となった中国について、「国際保健規則が取り決めた義務に違反し、世界の公衆衛生に必要な協力の精神に背いた」などと批判を繰り広げた。その上で、「台湾はオープンで透明性がある互助的なモデルで感染症と戦った。発生国との間で鮮やかな対比を成した」と中国を皮肉った。
 アザー氏は、蔡英文総統らとの会談では対中批判を抑制していたが、講演では全開モードに。台湾が世界保健機関(WHO)総会へのオブザーバー参加を認められなかったことについても言及し、「中国は公衆衛生のためでなく、自己の狭量な政治的利益のためにその影響力を駆使している」と非難した。 (C)時事通信社