加藤勝信厚生労働相は12日、ロシアが承認した新型コロナウイルスワクチンの輸入や日本での承認の可能性について「すぐにということにはなっていない」と述べ、慎重に対応する考えを示した。東京都内で記者団に語った。
 政府は既に、米製薬大手ファイザーや英製薬大手アストラゼネカと新型コロナワクチンの供給を受けることで基本合意している。加藤氏は「ワクチン接種を幅広く、できるだけ早くできるよう努力するが、安全性もしっかりチェックしながら導入に取り組む」と強調した。 (C)時事通信社