【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、英製薬大手アストラゼネカと、同社が開発中の新型コロナウイルスのワクチンを最大4億回分購入することで合意したと発表した。
 欧州委はコロナワクチン確保にあたり、EU加盟国を代表して製薬各社と交渉を進めている。フランス製薬大手サノフィと米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)からもワクチンを、それぞれ3億回分と最大4億回分購入する。
 アストラゼネカとの合意では、欧州委はワクチンが承認されれば3億回分を買い取る。さらに1億回分を追加購入する権利も有する。 (C)時事通信社