【ワシントン時事】ドナルド・トランプ米大統領は、弟のロバート・トランプ氏が15日夜に死去したと発表した。米紙ヒル(電子版)は71歳だったと伝えた。死因は明らかにされていない。大統領は14日、ロバート氏が入院するニューヨーク市内の病院を見舞いに訪れていた。
 大統領は声明で、ロバート氏が「とても安らかに息を引き取った」と説明。「私の弟というだけでなく、親友でもあった。彼の記憶は永遠に私の心に残るだろう」と死を悼んだ。
 ロバート氏は5人きょうだいの末弟で、親族企業の幹部も務めた。大統領のめいで臨床心理士のメアリー・トランプ氏が7月に出版した暴露本をめぐり、一族の内情を公表しないことを定めた取り決めに違反するとして、ロバート氏が出版差し止めを求め訴訟を起こしていた。 (C)時事通信社