米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の日本時間17日の集計によると、新型コロナウイルスによる米国の死者は17万人を超えた。世界の死者数は約77万人で、最多の米国に続きブラジルが約10万7000人、メキシコが約5万6000人、インドが約4万9000人。この4カ国で全体の約半数を占める。
 米国の死者をめぐっては、米ワシントン大の保健指標評価研究所(IHME)が最近、12月1日までに累計で29万5000人余りに上るとの試算を明らかにし、国民にマスク着用など感染予防策の徹底を呼び掛けた。
 一方、世界の感染者数は約2159万人。うち米国が約540万人、ブラジルが約334万人、インドが約258万人などとなっている。 (C)時事通信社