【サンパウロ時事】ボルソナロ・ブラジル大統領(65)のミシェリ夫人(38)は、新型コロナウイルスのPCR検査で陰性が出たことを明らかにした。夫人は7月末に感染を公表。自主隔離生活を送っていたが、16日に自身のインスタグラムに「検査で陰性が出ました。皆さんの祈りと慈しみに感謝します」とつづった。
 ブラジルは新型コロナの感染者、死者がともに米国に次いで2番目に多い。新型コロナを軽視する発言を繰り返してきたボルソナロ氏は7月7日に感染を発表。25日に回復したが、入れ替わるように夫人が感染した。夫人の祖母マリアさん(80)は今月12日に新型コロナ感染症で死亡している。 (C)時事通信社