【ソウル時事】韓国の丁世均首相は18日に緊急の記者会見を開き、首都圏で新型コロナウイルスの感染者が急増しているとして、ソウル、仁川両市と京畿道での集会制限を19日から強化すると発表した。全国的な感染拡大を防ぐ狙いで、政府は危機感を募らせている。
 丁氏は会見で、16日に集会制限を強めたものの感染拡大の勢いが続いていると指摘。ソウル市に拠点を置き、集団感染が発生した宗教団体「サラン第一教会」の信者の追跡が困難で、「他地域への広がりも現実化している」と警告し、全国的な大流行への懸念を強調した。 (C)時事通信社