厚生労働省の正林督章健康局長は20日の参院厚労委員会で、新型コロナウイルスワクチンの副作用により健康被害が発生した場合、メーカーの損失を国が補償する仕組みの創設について、「メーカーとの協議の中で必要性が生じれば検討する」と述べた。自民党の本田顕子氏への答弁。 (C)時事通信社