天理大(奈良県天理市)の永尾教昭学長らは20日、同大ラグビー部で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)を理由に、ラグビー部以外の学生が教育実習の中止を求められるなどの不当な扱いを受けているとして是正を求めた。
 同大によると、ラグビー部でクラスターが確認された16日以降、同大学生が不当な扱いを受けたケースが計5件あった。学生の教育実習先の学校から「受け入れを中止にしてほしい」と大学に連絡があったほか、学生がアルバイト先から出勤を控えるよう言われたこともあったという。
 会見した永尾学長は、検査で陰性だった部員も個室に隔離するなどの対応を取っており、大学全体に感染が広まっているわけではないと強調。「不当な扱いを受けていることは看過できない」と述べた。 (C)時事通信社