政府は21日午前、有識者による新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)を東京都内で開いた。世界各国で新型コロナ予防ワクチンの研究開発が加速していることを踏まえ、実用化した場合に医療従事者や高齢者らを念頭に優先的に接種する順位を議論した。
 分科会の冒頭、西村康稔経済再生担当相は「必要なワクチンの確保を進めているが、有効性や安全性、接種のあり方について議論してほしい」と要請。現在の感染状況についての分析も求めた。 (C)時事通信社