国内では21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1034人確認された。1日当たりの感染者数が1000人を超えるのは3日連続。死者は全国で15人増え、国内の累計は1188人となった。
 東京都では258人の感染が確認され、2日連続で新規感染者が200人を上回った。都によると、20、30代が全体の約53%を占めた。21日時点の重症者は前日から3人減の33人。
 大阪府の新規感染者は166人で、4日連続で100人を超えた。長野県では過去最多となる9人の陽性が判明した。
 死者は大阪府が最も多く、80代の男女5人が死亡した。愛知県で3人、東京都で2人の死亡も確認された。 (C)時事通信社