妊婦が匿名で出産できる「内密出産制度」について、熊本市は24日、「法令に抵触する可能性を否定することは困難」などとし、独自に制度を導入した慈恵病院(同市)に実施を控えるよう文書で求めた。病院は乳幼児を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営している。蓮田健副院長は「自宅出産しそうな場合は受け入れる」と述べ、制度を続ける方針を示した。
 市は、内密出産の現行法上の取り扱いについて国に照会していた。法務省は7月27日付の回答で、「仮定の事実に基づく照会に回答することは困難だ」とし、戸籍法などの適法性について判断を示さなかった。厚生労働省は、子どもの出自を知る権利を担保するため、市が病院側を指導することが必要とした。 (C)時事通信社