【ベルリン時事】意識不明となっているロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏について、治療に当たっているドイツ・ベルリンのシャリテー大学病院は24日、毒の投与を示すとみられる痕跡を確認したとの声明を発表した。
 病院は、ナワリヌイ氏が治療のため意識不明の状態に保たれており「容体は深刻だが、生命の危険性はない」と説明。ただ、神経系などに後遺症が残る可能性は「排除できない」とした。
 これまでの検査で「(体内にある酵素の一種)コリンエステラーゼの働きを阻害する」物質の作用が確認された。物質の詳細は不明で、今後も分析を続けるという。
 ナワリヌイ氏は20日にロシア国内線の機内で体調を崩し、西シベリア・オムスクの病院に入院。メルケル首相がドイツでの治療を提案し、独NGOの手配で、22日にベルリンに移送されていた。ロシア当局がナワリヌイ氏に毒を盛ったとの疑惑が国際社会で高まり、メルケル氏も事態の解明を強く求めている。 (C)時事通信社