厚生労働省は25日、マスクとアルコール消毒液の転売規制を29日に解除すると発表した。両製品は新型コロナウイルス感染拡大で一時品薄となり、インターネットなどで高額転売が横行したため規制を導入。その後、需給が改善し、同省が8月中に解除する方針を示していた。
 25日に関係政令の改正を閣議決定した。今後もメーカーに安定供給を依頼し、再び購入が難しい状況になれば、規制の実施を検討する。 (C)時事通信社