オリンパスは25日、医療機関に納入した内視鏡製品2種、計約4150台を自主回収すると発表した。回収の理由については「自主調査の結果、感染症のリスクが高まる可能性があると判断した」などと説明している。 (C)時事通信社