国内では25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに717人確認された。全国の1日当たりの感染者は、4日連続で1000人を下回った。
 死者は神奈川県と大阪府で各3人、東京都で2人、茨城、千葉、愛知、京都、福岡、沖縄各府県で各1人の計14人確認され、国内の累計死者数は1230人となった。
 東京都では、新たに182人の感染者が確認された。1日当たりの新規判明が200人を下回るのは2日連続。25日時点の重症者数は、前日から4人減って34人。
 182人を年代別に見ると、20代が49人と最多で、次いで30代と40代が各33人、50代が25人などとなっている。
 千葉県では、勝浦市の旅館「緑水亭勝浦別館翠海」で、これまでに従業員7人のクラスター(感染者集団)が発生。県は14~21日に宿泊した県内外の利用客延べ359人の健康状態を確認する。県によると、旅館は政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象施設で、9月末まで臨時休業する。 (C)時事通信社