気象庁は26日、非常に強い台風8号が東シナ海を北上しているため、九州北部の海上では強風や高波に警戒するよう呼び掛けた。南から暖かく湿った空気が流れ込み、長崎、大分両県と四国の太平洋側では大雨に警戒が必要という。
 27日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、長崎、大分両県150ミリ、四国の太平洋側120ミリ、瀬戸内海側50ミリ。その後、28日午前6時までの同雨量は、四国の太平洋側100~200ミリ、瀬戸内海側約50ミリ。
 26日は35度以上の猛暑日になる所が多いと予想され、午前11時までに島根県益田市で36.4度、新潟県胎内市で36.3度、福岡県久留米市で36.1度を観測した。気象庁は北海道から九州北部にかけての大半の地域に高温注意情報を発表。東京都と神奈川県には環境省と試行中の熱中症警戒アラートを出し、冷房を使うなどして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。 (C)時事通信社