共産党の穀田恵二国対委員長は26日の記者会見で、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性を伝えるスマートフォン向けアプリ「COCOA(ココア)」のダウンロード数が1400万余りにとどまっていることに関し、「原因は個人情報、プライバシーに対する懸念と政府に対する信頼の問題だ」と指摘した。 (C)時事通信社