鹿児島大の研究チームは31日、潰瘍性大腸炎などの患者を対象に保険適用されている治療法が、新型コロナウイルスの重症化予防にも有効とする論文を、国際感染症学会の専門誌で発表したと明らかにした。
 同大大学院医歯学総合研究科の金蔵拓郎教授(皮膚科学)らによると、新型コロナの重症患者は、活性化した白血球によって免疫反応を引き起こすタンパク質「炎症性サイトカイン」が過剰発生。その結果、肺に血栓が形成され、重症化するという。
 論文では、潰瘍性大腸炎やクローン病などの治療で広く行われている「顆粒(かりゅう)球・単球吸着除去療法(GMA)」により、炎症性サイトカインを生成する白血球を選択的に除去。新型コロナによる肺炎の重症化を防止すると指摘している。
 今年6月、スペインで新型コロナに感染した潰瘍性大腸炎患者に対しGMAを実施したところ、潰瘍性大腸炎だけでなく肺炎の症状も緩和したとの症例が報告された。金蔵教授らは、新型コロナに対するGMAの有効性が確認されたとして、実用化に向けた臨床試験を早期に行いたいとしている。
 潰瘍性大腸炎は国の難病に指定され、28日に辞任表明した安倍晋三首相も患っている。 (C)時事通信社