【サンパウロ時事】ブラジル保健省は3日、新型コロナウイルスの累計感染者が404万1638人、死者が12万4614人となったと発表した。ともに米国に次いで世界で2番目に多い。
 感染者数は前日から4万3773人、死者数は834人増えた。ただ、1日当たりの感染確認者数は、7月末をピークに減少傾向にある。
 自らも感染し、回復したボルソナロ大統領は3日、サンパウロ州の小都市を行脚。州では公の場でのマスク着用が義務化されているにもかかわらず、無視して支持者と交流したり、イベントで講演したりした。同氏はその後のネット演説で、議会で議論されているマスク着用やワクチンの義務化を批判。「多くの医師がマスクには効果は何もないと言っている。もし法案が通過して私の机に届いても拒否権を行使する」と述べた。 (C)時事通信社