厚生労働省は4日、インフルエンザ流行に備え、発熱などの症状がある人の相談・受診の流れを公表した。まずは、かかりつけ医など身近な医療機関に必ず電話で相談することとした。新型コロナウイルスに関する相談窓口「帰国者・接触者相談センター」を「受診・相談センター」に改称し、相談先に迷う人はこの受診センターに電話するよう求める。厚労省は同日、相談体制を10月中に整備するよう自治体に通知した。
 インフル患者と新型コロナ患者は症状だけでは区別が難しい。通知は、多くの相談先を確保して特定の窓口に電話が殺到する事態を回避し、確実な相談・受診につなげるのが狙いだ。
 相談を受けた医療機関は、新型コロナも含めた診療が可能なら患者を受け入れ、不可能なら対応可能な医療機関を案内する。都道府県などは、対応できる医療機関の情報を地域の医療機関や受診センターで共有する。 (C)時事通信社