自民党の森山裕国対委員長は4日、国会内で立憲民主党の安住淳国対委員長と会談し、新型コロナウイルス対策として、政府が8日に予備費7000億円超の支出を閣議決定すると伝えた。8日に衆参両院で予算委員会理事懇談会を開き、政府の説明を聴取することを申し合わせた。森山氏は記者団に「製薬会社からワクチンを購入することに基づく支出の決定だと思う」と語った。 (C)時事通信社