沖縄県の玉城デニー知事は4日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた県独自の緊急事態宣言を5日いっぱいで解除すると発表した。宣言は8月1日から約1カ月間にわたり発令されたが、玉城氏は「県民一丸となって感染拡大防止対策に取り組んだことで、収束に向けた道筋が見えてきた」と説明した。
 解除後は、十分な体調管理や感染防止対策を行っていれば、県をまたぐ人の往来や県民の外出を制限しないようにする。一方で来島自粛を求めている離島もあるため、離島を訪問する際は事前に地域の状況をホームページなどで確かめるよう呼び掛ける。 (C)時事通信社