【アンマン・ロイター時事】内戦が続くシリアで活動する国連のスタッフ200人以上が新型コロナウイルスに感染したことが6日、分かった。シリアに駐在する国連の責任者による内部報告書の内容をロイター通信が伝えた。
 責任者はこの中で「国連スタッフの間で200件以上のコロナ感染が報告された。中には入院した者もいる」と指摘した。現地の人権活動家や医療従事者は、シリア国内で人道支援に当たる国連の複数の機関と連携するNGOのメンバーが数百人いることを考慮すると、実際の感染者数はさらに多いのではないかと予測している。 (C)時事通信社