厚生労働省は7日までに、新型コロナウイルス感染症の診療に当たる医療従事者向けの手引を改訂し、短距離ではエアロゾル(浮遊する微粒子)による感染も可能性があると指摘した。改訂は4日付で、従来は感染経路に飛沫(ひまつ)と接触の2種類を挙げていた。
 改訂された手引では、エアロゾルについて「密閉空間において短距離での感染を示唆する報告がある」としたが、感染流行への影響は「明らかではない」とした。 (C)時事通信社