西村康稔経済再生担当相は7日の記者会見で、7月から8月にかけて全国的に拡大した新型コロナウイルス感染について、「減少傾向が明らかになっている」との認識を示した。一方で、緩やかな減少にとどまっているとも指摘。再拡大を防ぐため3密回避や換気など感染対策の徹底を呼び掛けた。
 また9月末まで再延長された大規模イベントの参加人数制限に関し、「緩和ができないか詰めていきたい」と述べ、今後の感染状況を見極めつつ、緩和も視野に検討する考えを示した。 (C)時事通信社