【エルサレム時事】イスラエル政府は13日、新型コロナウイルスの罹患(りかん)率が世界最悪の水準に陥っていることを受け、18日から全土で3週間のロックダウン(都市封鎖)措置を取ることを決めた。状況次第でさらに封鎖期間が延長される可能性もある。
 イスラエルの人口は約920万人だが、最近は1日当たりの感染者が4000人前後に達することもある。累計の感染者数は15万人以上で、死者は1100人を超えた。都市封鎖による経済面の打撃は大きいものの、ネタニヤフ首相は「感染増を止めるのが目的だ」と訴え、国民に理解を求めた。 (C)時事通信社