政府は17日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査をめぐり、公的医療保険の適用外となっている検査の価格を減額する検討に入った。保険適用外のPCR検査の価格をめぐっては国際的に高額との指摘があることを踏まえ、他国の実態を調査した上で、具体策を検討する。
 菅義偉首相が同日、首相官邸で田村憲久厚生労働相と会談し、対応を指示した。厚労相はこの後の記者会見で、「なぜ高いのかしっかり調べた上で、(価格を)下げることを考えないといけない」と述べた。 (C)時事通信社